紙カルテと電子カルテ

最近では医療現場でもIT化が進んできているので、電子カルテを導入する病院も増えています。電子カルテはパソコンで管理するので紙のカルテと違い災害などが起こってもデータがなくなることもないし、見ようと思えばいつでもどこでも見ることが出来ます。また、情報の保管も場所を取らずかさばることもないのでスペース確保も問題になりません。そして看護師が楽になることとして、紙のカルテは医師が書くので文字が読みづらいことがあるのですが、その解読に時間を割かなくてもよくなる、ということがあります。このように、電子カルテを導入することによって、作業の効率が上がり利便性も増すというメリットがあります。しかし一方で、電子カルテの導入には膨大な費用がかかります。ですので大きな病院はともかく個人医院や財政難の病院では中々浸透していないというのが実状です。また、パソコンでの操作になるのでパソコンが苦手な人や、操作に慣れるまでは苦労するかもしれません。また、パソコンの台数にも限りがあるので、台数が足りない、ということはあまりないとは思いますが、順番待ちになることもあります。また、入力が仕事の終わりになるので定時には帰れないこともあります。紙カルテと電子カルテ、どちらにもメリットデメリットがあります。慣れれば電子カルテのほうが楽、という意見が多いようですが、現場自体が電子カルテに移行している時期だと混乱することがあるようです。転職を考える人はこのことも重要な決め手になると思うのでよく調べてみましょう。

関連リンク>>現場検証Eyes
医療現場の現状についてかかれているサイトです。


No Comments (yet)

コメントを残す